転職が一番の選択肢なのか?

転職が一番の選択肢なのか?

看護師の転職は最後に考える

職場の中で希望の部署に配属されていない場合や、人間関係、環境や雰囲気などで
看護師を続けていく自信がなくなってしまい、転職を考える事があります。

しかし、転職をしたからと言って全ての不安や不満が解決出来るという保障はありません。
転職先でも結局つらい思いをして、もしかしたら、自分に合っていない職場だったのではなく、
自分が合わす力が足りないでいるのかもしれません。
どうせなら少しでも慣れた環境のままで、
そして、仕事内容を把握出来ている現在の職場で仕事を続けたいと願う人もたくさん存在します。

転職せずにすむ方法とは

思い切った行動よりも先ずは、身近なところで頑張ってみるのも一つの方法です。
看護師の転職の場合、何もかもが違ってきますので、
一から始める新人看護師と同じく不安や戸惑いを覚えてしまいます。

そこで、転職せずに診察科や部署の移動を希望するという選択技もあります。
今までの職場が自分に合わない部署だとすれば、
次の配属先は全く違う環境である場合があるからです。

最終的に考えるなら、希望していた部署へ

一番働きがいが出る職場というのは、やはり自分が選んだ職場です。
外科や内科、泌尿器科、眼科、その他にもさまざまな部署が存在しますが、
誰もが看護師になれば、「ここに所属したい!」という気持ちはあると思います。

自分のやりたいところで経験を積んでいき
仕事に興味を持ちながら持続させるというのが「継続は力なり」に繋がるのです。

 
 

このページのトップへ