看護師の職場への不満

看護師の職場への不満

不満を多くもつ職が看護師

職場に不満は誰もが付き物です。
そして、その不満を多くもつ職が看護師だと言われています。

日々の環境が違う看護師の職場では、それぞれに感じる悩みや不満も多く、
新人看護師から先輩看護師、年代別によってもそれぞれに不満を持っています。

新人看護師の場合、先輩看護師の場合

新人看護師さんの場合、辛いシフトを組まれる事が多く、
職場での業務量が多すぎると言う不満があるようです。
朝は早く夜は遅いなど、
先輩に口答えが出来ず有給を取れないなどから職場に不満を抱いてしまいます。

反対に、先輩看護師にも不満はあります。
経験やスキルが重要な仕事でありながら給与に反映されない場合や、
委員会参加が多く、新人の指導を任せられるなど、
共に職場への不満はあるようです。

残業や夜勤が多く休暇が取れない

また、どの年代にも共通する内容は
残業や夜勤が多く休暇が取れないということです。
この場合、日々の忙しさから健康に支障が出てしまったり、
多忙すぎて医療事故をしてしまいそうという不安がストレスとなり 職場への不満に繋がるようです。

この事から、不安や不満を相談出来る相手が職場に存在せず、
勤務状況の過酷さや経験、スキルに見合う職場ではないと思い込み、
新たなスタートとして転職を考える人も多くいるのです。

職場環境改善のための転職

人と人とのコミュニケーションはとても大切なもので、
それが職場の人だけではなく患者さんとの繋がりも大事なのです。

関心と責任を持って接する職業なので、
職場での不安や不満を抱くことで
患者さんに対する接し方や看護に関しても危険を生じてしまいます。

看護師はあらゆる面で心身共に疲れてしまう事が多く、
不満が増えたり大きくなるほど条件の良い職場を探し求めます。
転職する事は職場環境や生活環境の改善に繋がりますが、
職場環境を改善する為の努力も必要と言えるでしょう。

 
 

このページのトップへ