どんな環境の職場で働きたいか

どんな環境の職場で働きたいか

看護師が働きたいと思える職場

看護職の内容は当然分かっていても、看護師にとって限界もあれば理想もあるものです。
進んで働いてみたいと思える職場とはどんな職場なのか?

  • 先輩、後輩などのコミュニケーションがとれている
  • ギスギスした人間関係ではない
  • 仕事内容に応じた給与の支払いがある
  • 看護業務規定の業務量である
  • 日曜出勤や夜勤が少ないこと
  • 24時間保育など、敷地内保育があること
  • 通勤に時間がかからない

などが理想の職場です。

職場への不満は何なのか

誰もが理想の職場で働きたいと思うものですが、
実際に勤務して月日が経つと、働き辛い環境になってしまっているものです。
気づけば職場には不満が多くなり、考え直さなくてはいけないけれど先に進めずにいるものです。

まず、何に対して一番不満に思うのか?
その不満は職場を変われば解決出来るのだろうか?
不満は一つだけではなく、あらゆる面で不満を持っている場合など、
職場への不満がどれだけあるのかを見つけ出し、
その不満と正反対の方向へ進んでいかなければいけません。

快適な職場でなければキャリアアップもない

仕事をするからには、働きやすいと言うのは一番の目標です。
理想だけではなく、現実でなければ目標やキャリアアップには繋がりません。

職場に対する不満が多くなるほどストレスは溜まり、目標達成が遠のいてしまうものです。
少しの「我慢」は誰もが持つべき感情ですが、
日々感じる仕事の「不満」や「悩み」は、勤務を継続することが不可能だと思ってもいいでしょう。
同時に、ステップアップしてそこから出ようとして、
資格取得の為に勉強する時間も増え、休みも多くなってしまいます。

職場が良い環境でなければ、自分のやりたい事も遠ざかってしまいます。

看護師としての道

看護師の職に就いた人は、将来性がある事や、手に職を持ちたい、キャリアアップを目指したい、
人の為に何かをしたい、高給与だからなど、人それぞれに目的や理由が違います。

実際に看護師になり様々な業務内容や役割、人間関係などに影響されて、
進むべき道を迷ってしまいそうにもなりますが、自分の将来の為を考えた道に進まなければいけません。

まず、自分の希望を満たす事が一番で、待遇の良い職場であることが大切です。
そして、目標やキャリアアップを目指す場合、それに対しての支援をしてくれる職場に行くべきで、
転職する事で問題が解決出来る場合もあります。

自分が選らんで進んで行く道なので、理想を現実にしていく努力も必要と言えるでしょう。

 
 

このページのトップへ