看護師にはどんな転職先があるのか

看護師にはどんな転職先があるのか

看護師はさまざまな職場で活躍出来る

昔から「手に職を持つ」と先々困らないと聞きますが、
実際に看護師という職業はさまざまな職場で活躍出来る事から人気がある職業でもあります。

看護師をやっているから転職するならば次もまた病院へ・・・と、
全く同じ病院勤務を選ぶ人もいれば、病院以外の職場を選ぶ人も多いようです。

看護師が活躍するいろいろな病院

大学病院
病院は治療をする場であり、
病院の種類によってその重大さや仕事内容、教育体制なども違ってきます。
例えば、大学病院ならば一般病院にない重症患者、高度専門医療が必要な患者、
難病など稀な病気の患者さんが集まる場であり、
看護師にとってはキャリアアップを目指すならば知識を得るものが多い職場です。
地域の中核病院
二次救急を担う地域の中核病院なので、幅広い患者さんがいます。
大学病院以上の忙しさがあり、技術磨きの為には鍛えられる職場です。
その他一般病院
大きな病院と地域診療所の間にあるようなもので、地域とのつながりを大切にした職場です。
検診や人間ドック、生活習慣病などと、患者さんにゆっくりと接しながら
地域に密着している職業ですが大規模病院と比べると低給与な面もあります。
療養型病院
他の病院と比べると時間の流れがゆっくりと感じる病院です。
患者さんの入れ替わりが穏やかながら最期のお手伝いをする場面があるなど、
じっくりと患者さんと向き合いながら働く職場です。
看護技術を磨くには向かない職場ですが、コミュニケーション能力を高めるには良い職場です。
精神病院
コミュニケーション力、観察力、忍耐力を必要とする職場で、
男性看護師が多い職場でもあります。
急性期を担うか、慢性期なのかで内容も大きく違いますが
業務の忙しさから高給与な職場です。
個人病院や診療所
あくまでも、経営者はその職場の院長なので、診療方針、経営方針共にその流れに従う職場です。
週休が決まっており限られた時間での勤務なので、プライベートな時間が作れる場です。

病院以外の転職先

病院以外で働きたいと思っている看護師さんは多いと思います。
看護師の資格と経験さえ持っていればさまざまな職場で働く事が可能です。

介護施設
病院とは違い治療がなく、高齢者が生活をする場所でのケアを行っていく職場です。
それぞれに役割や分担はありますが、健康管理が中心なので
病院勤務に比べると多忙さなないものの、サポート体制が万全であることが重要です。
患者さんは高齢者なので、いざと言う時の判断などの対応も必要です。
「訪問看護ステーション」も一対一での看護が出来る職です。
家族構成や家族との関係、生活環境なども関わってきますが、
個々の患者さんと接する時間も長い為に
その人らしい暮らしを支援出来ることからやりがいがある仕事です。
保育園や幼稚園
子供が大好きならば向いている職場だと思います。
看護以外の仕事内容も多いですが、日々多忙な事はなく、基本的には夜勤や休日出勤もありません

一般企業

看護師の資格は医療関連企業でもちろん活躍するのですが、
資格にこだわらずに専門知識で通用する職場もあります。
例えば、「健康相談カウンセラー」であったり、「医療機器メーカーのショップスタッフ」など、
その他にもあらゆる看護師が活躍する場があります。

転職を考えるならば、病院や看護師という言葉にこだわらず
視野を広げて転職先探しをするのも良いかと思います。

 
 

このページのトップへ