女性看護師の子育て勤務

女性看護師の子育て勤務

子育てしながら復帰したい

看護師を退職して子育てに力を入れていたけれど、落ち着いてきたので、
また頑張って復帰したいと思う看護師さんはたくさんいます。
でも、まだ小さな子供なので復帰しても子供に負担はないのかと心配するものです。
どうせなら、自分が働いている身近な場所で子供を預かってほしい
というのもお母さんの希望です。

子育てしながら勤務する院内保育

仕事をしながら子育てという両立はとても大変なことです。
でも、せめて子供の為に寂しい思いをさせないというのが条件です。

保育園や託児所など、仕事をしている人が安心して子供を預ける施設がありますが、
最近では病院の中に院内保育を完備しているところもあります。
保育所の場合、0歳から受け入れのところもあればないところもあり、
勤務先の距離や保育に関しての金額などを思うと、院内保育の方が断然安心するものです。
仕事を始めるまで一緒にいられますし、何かあればすぐに駆けつけることも出来るので、
親としてはとても安心出来ます。

子育てのための勤務体制やシフト

託児所や保育園に預けていている場合、また預けていない場合でも、
小学生の子供のように年齢が低い場合には、勤務する時間も気になるものです。
出来るだけ自宅の留守を避け、頼れる人がいるのならば頼るというのも一つの方法ですが、
やはり安心した勤務体制は必要です。

仕事以外に子育てだけではなく家事もあり、その他の用事もあるとなると、
残業をしていては時間が追いつきませんし、土日の休日は必要となってきます。
給料や待遇で常勤を選ばずに、残業がなく土日休みの非常勤を選択するのも、
育児中の親の方法かと思います。

小学校就学前の子供をもつ場合、転職先によっては育児短時間勤務制度というものがあり
常勤職員でありながら勤務形態を選択することができますし、
希望する日や希望時間帯に勤務することができる病院もあるので、利用してみるのも一つの方法です。

 
 

このページのトップへ