看護師の貯蓄

看護師の貯蓄

看護師の生涯設計とは

看護師になった理由で、人の為に働きたくてなった人もいれば、
高給与だから看護の道を選んだという人もいます。
長年頑張れば頑張るほど給与も増えていき、
気づけば貯蓄が増えていたなんて話はざらに聞く話ですが、
看護師職が初めからフィナンシャルプランを知ることは、可能なのでしょうか?

看護師の収入

看護師の月給や平均年収は気になるものです。
しかし、自分の給与は他の人と比べると多いのか少ないのか、
他人にお金の話をするのも気が引けるものです。

一般女性の平均年収は約200万円。
看護師の場合、その2倍の400万円という数字が出ています。
ボーナス込みの金額であったとしても、まずは安心して暮らせる金額でしょうか。

看護師平均年収データから見る常勤の額(想定年収)

・20~24歳  正看護師 3,796,400円 准看護師 2,764,500円
・25~29歳  正看護師 4,368,300円 准看護師 3,319,400円
・30~34歳  正看護師 4,504,000円 准看護師 3,491,700円
・35~39歳  正看護師 4,656,000円 准看護師 3,713,600円
・40~44歳  正看護師 4,920,300円 准看護師 4,204,700円
・45~49歳  正看護師 5,112,500円 准看護師 4,066,800円
・50~54歳  正看護師 5,287,100円 准看護師 4,356,000円
・55~59歳  正看護師 5,501,400円 准看護師 4,509,100円

このように、女性看護師の平均年収データから分かることは、
20代の時と比べると、はるかに年代によって額の違いが出てくるということです。

看護師の貯蓄

看護師の貯蓄額は年代によって違ってきます。
実際に貯蓄に関してのアンケート結果から見ると、平均貯蓄額は302万となっています。
そして、50万円に満たないのは32.7%と最多です。
次に、100万以上~200万未満が16.4%、
それ以上の額は13.1%となっていました。
平均年収データのように、年代で額も増えていき、
40代以上になれば20代の貯蓄と比べ2倍に跳ね上がっています。

看護師給与は仕事率によって変動

基本給以外に付く手当てはとても大きいものです。
残業手当や夜勤手当が増えるとまた給与も多くなりますし、
常勤や非常勤によっても内容が違ってくるためにもらえる額は違ってきます。
また、病棟や外来などの差もありますし、担当業務別によって看護師がもらえる額は大きく違ってきます。

 
 

このページのトップへ