ブランクを空けて転職する場合

ブランクを空けて転職する場合

退職後からブランクを空けて転職する場合

看護師の退職が決まり、その後の転職をすぐに考えている人もいれば、
少しブランクを空けてから転職する人もいます。
退職をしてからブランクを空けた場合、後にスムーズに転職するための準備をしておかなくてはいけませんし、
転職せずにスキルアップの為の活動をする場合でも、さまざまな手続きを忘れてはいけません。

さまざまな退職パターン

退職する理由はさまざまです。
一般に女性看護師の場合、以下の例が多いようです。

  • 結婚や出産、育児
  • スキルアップのため
  • 体調不良
  • 転居
  • 仕事の中の不安や不満
  • 給与や待遇の不満
  • 人間関係

退職する理由はさまざまですが、
これらの理由からブランクの長さが決まります。

ブランクの違いによる転職の考え

女性看護師が、結婚や出産など長めの期間を要する場合ブランクがあっても転職は可能です。
ただ、ブランクが空くほどその時の職場の内容が変わっている場合があるので
復帰後はすぐに常勤と考えず、非常勤として働くということも、頭に入れておいた方がいいでしょう。

退職後にスキルアップを目指している場合、保険や税金の手続きを忘れてはいけません。
また、退職後は失業中であっても、あくまでも学生と同じなので失業給付を受けることは出来ません
そして、健康保険や年金、所得税や住民税などの手続きも自分で行います。

たとえ長い間ブランクがあったとしても、遅れをとった知識や技術のために、
各都道府県の看護協会では看護師向けの研修が行われているので、
利用してみるのも良いでしょう。

 
 

このページのトップへ