看護師転職を自分で探す方法

看護師転職を自分で探す方法

自力で探す看護師の転職先

ネットでよく見かける人材紹介会社を頼らずに、
看護師の転職先を自分で探す方法を選ぶ人もたくさんいます。
自分で探す場合、何が目的で自力で探すのか、何故人材紹介会社を選ばずにいたのか、
その内容にも大きな意味があるようです。

自分の目で確かめるというのは、一番信用出来る方法のようです。
人材紹介会社を頼る場合、何かとスムーズに進むのは事実ですが、
紹介会社に任せきりだと、転職するのは自分なのに分からない事や
把握できない場面が出てきたりします。
言葉で良い印象を与えられても、それが事実なのか、本当に信用できるのかは、
実際にその場に行かなくては分かりません。

最も納得のいく方法は労力が必要

実際に自分の目で見なければ得られない情報は、たくさんあります。

  • 勤務している看護師達の表情
  • 看護師達の年齢層
  • 患者さんに対しての接し方
  • 家から職場までの時間
  • 職場近辺の便のよさの把握

など、足を運ぶだけでも安心出来る情報を得ることが出来ます。
自分が選んだ方法ですから、少しの労力が必要なのは当然ですが、
自分の目で確かめることで何よりも信頼できる情報を掴むことが出来るのです。

直接アプローチする方法

ホームページ上の応募フォームから
簡単な個人情報の記入などで、後に担当者からメールか電話連絡を待つ。
指定時間を記入する場合もあり、連絡が付きやすい手段です。
履歴書の郵送で応募
ダウンロード形式の履歴書もあれば、指定がない場合もあります。
パソコンだと綺麗に書けると思うかもしれませんが、手書きの方が好印象です。
「履歴書をメールでお送りください」という場合
メールなので簡単に思いがちですが、長文にならずに必要事項を書き、
採用応募と分かる内容にしなくてはいけません。
内容的には履歴書とほぼ同じで、文章は簡潔に書くことが基本です。
電話連絡の後の履歴書持参で面接
緊張する一面もありですが、面接日程を決めれる事から早めの解決が見込めます。
電話連絡の後の履歴書郵送
面接がないパターンなので書類選考で落ちてしまう事が考えられます。
電話したからクリアなのではなく、履歴書を見落とすことなく
しっかりとした書き方で郵送することが大事です。

直接アプローチする際の注意点

応募前の電話で問い合わせする際に、聞きたい事もいくつかあると思います。
給与などを聞くのは厳禁ですが、採用条件にあっているかどうかを見極めるためにも、
どこの部署の応募なのかや、募集先の経験がなくても大丈夫なのか、面接の日時など、
最低限知っておかなくてはいけないことは聞いておくとよいでしょう。
その他にも聞きたいことがある場合は面接の際に聞いておきましょう。

 
 

このページのトップへ