看護師の退職準備

看護師の退職準備

良い退職の仕方

いろいろな考えから転職の道に決めたならば、
今後の良いスタートのために「良い退職の仕方」について考えなければいけません。
転職先が結果良い場合でも、現在在籍中の職場を円満に解決出来るかは誰にも分からないのです。
退職にも準備は必要なので、そのポイントについて覚えておきましょう。

退職意思をしっかりと伝える

不満がたくさんありすぎるなどで、どう伝えればいいのか分からずに時間ばかり経ち、
結局、希望通りに辞められないというパターンに陥るかもしれません。
以下の点に注意して、退職意思をしっかりと伝えましょう。

  • 直属の上司に伝える
  • 法律上は2週間以内だが規定がある場合もあるので、1~3ヶ月をめどに伝える
  • 丁寧で、なおかつキッパリと伝える
  • 不満を並べた理由よりも、キャリアアップなどの前向きな理由、
    もしくは、結婚や妊娠、介護などの相手が入り込めないような理由など、
    改善に導く理由ではなく退職せざるを得ないことを伝える

退職願を書く場合は、退職理由がたくさんあったとしても、
「一身上の都合により」という言葉が理想的です。

退職する前の引継ぎ

不自分が反対の立場を考えると、一人いなくなるだけで自分の仕事が増えてしまい
何かと職場では問題が起きることがあります。
退職しても出来るだけ迷惑をかけないというのが思いやりです。

また自分自身にも職場からの問い合わせがあったりなど、
退職しても後々引きずってしまうので、
引継ぎする仕事の内容を分かりやすく文書にしたもの、
引継ぎノート」などがあるとお互い円満な方向に進むと思います。

また、退職最後はお世話になった方へのあいさつまわりをおこないますが、
事前に看護師長に伝えておくとスムーズに進むでしょう。

社会保険などの必要な手続きを忘れずに

退職後すぐに転職する場合は、必要書類を新しい職場に出すことで
手続きを終えることができスムーズな移行が出来ますが、
退職して少しの休暇を取り、後に転職と考えている場合は
社会保険などの手続きを自ら行わなくてはいけません。

退職後すぐの転職の場合
退職前に書類をもらい新しい職場に渡すことで手続きを行ってくれます。
少し休暇をしてからの転職の場合
雇用保険、年金、健康保険、所得税や住民税などの手続きを自分で行います。
雇用保険では「雇用保険被保険者表」や、「離職票」の受け取りを忘れないこと。
健康保険は、退職日に返却すること。
休暇期間に国保に加入する場合、「健康保険資格喪失証明書」が必要。
年金では年金手帳の受け取りを忘れずにいること。
所得税では、源泉徴収表の受け取りも忘れないようにしましょう。
 
 

このページのトップへ